前へ
次へ

油揚げを美味しく食べる調理法があります

40代後半になると、少しずつ女性ホルモンが減少すると言われています。
女性ホルモンは大豆イソフラボンを摂ることで補えると聞いたので、40代になってからは大豆製品を積極的に食べるようになりました。
豆腐や大豆、油揚げといった食材を使って料理を作って、家族と一緒に食べています。
最近は、簡単な調理法で様々な食べ方ができる油揚げが気に入っています。
いろいろな調理法で油揚げを食べていますが、今の一番のお気に入りは油揚げにチーズをのせてフライパンで焼く調理法です。
油揚げを3等分に切って、フライパンに油をひかずにそのまま焼いていきます。
こんがりとした焦げ目がついたら、塩を多めに振ってからピザ用のチーズをたっぷりのせ、ふたをしてチーズがとろけるまで焼いていきます。
焼き上がったらお皿に盛り付けて、一味唐辛子をたっぷりかけて食べるのですが、油揚げのカリカリとした食感とチーズの美味しさがクセになる美味しさです。
手間がかからない調理法で油揚げを使った一品が完成するので、定期的に作って食べています。
ビールにも合うので、健康的なおつまみが欲しいときにも気軽に作っています。

Page Top