前へ
次へ

余ったカレーを美味しくリメイクする調理法

カレーを作るとき、つい作りすぎてしまうことが多々あります。
我が家でもありがちで、いつも次の日にもう一度カレーを食べたり、どうしても食べきれなかったときはじゃがいもやにんじんといった具材をよけて、冷凍保存していました。
そんなとき、友人から作りすぎたカレーを別の調理法でリメイクすることを教えてもらいました。
たとえば、我が家でよく調理するのが、カレードリアです。
カレードリアは、カレーで和えたご飯をグラタン皿に入れ、その上からカレーをもう一度かけて、とろけるチーズをたっぷりかけて焼きます。
カレーの味をそのままに、別のメニューになるので、次の日も飽きずに食べることができます。
また、ソーセージやゆでたまごなどを加えると、ボリュームもあり食べ応えのある一品になります。
また、カレーうどんやカレーそばにしても美味しくいただくことができます。
せっかく作ったカレーを捨てることなく、次の日も美味しく味わうためには、ちょっとした工夫をすることで無駄にすることなく食べることができますので、様々な調理法を実践してみると良いでしょう。

Page Top