前へ
次へ

調理法は時と場合によって使い分けることが大切

ダイエット時の調理法は、ある程度濃い味でも構いませんが、病気の治療時などは徹底的に薄味にした方が良い場合が多いです。
また、ダイエット時の調理法の場合は、ある程度食事をした後に満足感がなくてはなりませんから、少しだけ濃い味のほうが良い場合もあります。
そして、ダイエット時は、冷えたサラダを大量に摂取するよりは、ゆでるなどの調理をして見た目のかさを減らして摂取すると便利です。
ダイエット時に体を冷やすと脂肪が燃焼しにくくなる可能性がありますし、冷えているよりも、ゆでたサラダのほうが、量が減り多く野菜を摂取でき便利です。
また、肉類を調理する際は、豚肉や鶏肉の場合はとくに、きちっと火を通してから食べることが大切です。
牛肉の場合は、さほど神経質になる必要はありませんし、レアステーキという商品も販売されていますが、できれば火を通した方が安心かもしれません。
さらに、最近は減塩のしょうゆ等もかなりおいしい商品が販売されていますから、試してみても良いかもしれません。

Page Top