前へ
次へ

食材を無駄なく美味しく食べる調理法があります

消費増税に備えて、少しずつ食費の節約を意識するようになりました。
食費の節約といっても、購入する食材を減らすのではなく、購入した食材を無駄なく使うことを意識しています。
食材を無駄なく使うことで、お金をかけることなく品数を増やすことができると思って始めてみました。
私が実践しているのは、いつもは捨ててしまう野菜の皮なども調理して一品にすることです。
調理法はどれも簡単なので、手間をかけずに一品増やすことができます。
たとえば、いつも捨ててしまっていたブロッコリーの茎は、薄く切って軽く茹でてから、溶き卵に粉チーズと塩、こしょうを混ぜたものにくぐらせて、フライパンで焼いて食べています。
ピカタ風の一品が簡単な調理法で出来上がるので気に入っています。
また、セロリの皮と鶏皮をフライパンでカリカリになるまで炒めてから、しょうゆとお酒、みりんで味付けして食べています。
食材を無駄なく使えるだけではなく、野菜の皮など捨ててしまう部分に含まれている栄養もくまなく摂取できるので、健康維持にも役立つのではないかと期待しています。

Page Top